入国管理大臣も兼任し実の兄を破って大統領になった人物

キリバスは33の環礁からなっており、世界でも第3位の広大な排他的経済水域を持っています。また世界で最も早く日付が変わる国でもあります。

キリバスの首都はタラワで、公用語はキリバス語と英語です。98.9%がミクロネシア人、残りはポリネシア人や韓国人、ヨーロッパ人などがいます。

しかし1番高い場所でも海抜3mほどしかないため、このまま温暖化が進めば国土消滅の危機を迎えるといわれており、マングローブを植林することでそれを防止しようとしています。

この国の東側にはクリスマス島という島があります。日本でいうところの名古屋市や福岡市と同じくらいの面積を持ちます。

1777年のクリスマスイブにキャプテン・クックによって発見されたことによってこの名がつけられました。この島での観光はダイビングか釣りが多いです。

マンタやイルカに会いたいという方はクリスマス島へ行ってみるのもオススメです。

有名人は第5代大統領のアノテ・トン氏です。彼は1952年に中国人移民の父とキリバス人の母との間に生まれました。

2003年に実の兄であるハリー・トンらを破って見事大統領になった人物です。また外務・入国管理大臣も兼任しています。大統領としての任期は4年です。

こちらの国には2つ政党があり、一つはキリバス共同体党、もう1つは真実の柱党といいます。アノテ・トン大統領が所属しているのは真実の柱党のほうです。

この2つの政党はそれぞれMTM、BTKという呼ばれ方をしています。

大統領は知日家であり親日家で、昔ニュージーランドに留学していた時には極真空手の黒帯を取得していますし、大統領就任前にも何度も日本を訪れていいるほどの日本贔屓です。日本へ行くためには直行便がないため、グアムやブリスベンを経由して行くことになります。

逆に日本から行くには同じくグアムやブリスベン経由でフィジーのナンディまで行ってからタラワまで戻るという形になります。

タラワにあるボンリキ国際空港から中心地であるバイリキまでは車で1時間ほどかかるので覚えておきましょう。

トン氏が大統領になった年には台湾との外交関係を築きましたが、それに反発した中国がこの国と断交することを一方的に決めて発表し、さらにタラワにあった中国の宇宙基地を撤退したことで有名です。

また有名人という意味では奥様との間に7人の子供がいる子沢山家庭でも知られています。

国の議員は44人いますが、21個ある有人の島々ではそれぞれ地方議会が存在しており、様々な問題を解決しています。