お酒に酔っているひとには近づかないほうが懸命

治安情報ではキリバスは安全性のある国です。重犯罪はあまり起こらない国です。比較的治安は良いほうです。

しかし、窃盗の被害が少ないですが存在しています。貴重品の管理はしっかりしたほうが良いです。

治安情報で安心できる国でも、最低限の対策をしておく必要はあります。お酒が原因の喧嘩がたまに発生をします。これらの喧嘩に巻き込まれないように気をつけます。

酔っているひとには近づかないほうが懸命です。絡まれたらすぐに付近のひとに助けを求めてください。

キリバスの航空便は数がとても少ないです。欠航も度々あるので余裕をもって日程を計画することをおすすめします。立ち入りが禁止されている場所もあるので、事前に確認することが必要です。

また、注意するべき点は交通事故です。これは、信号機がないためです。そして、交通量が多く、十分に注意をする必要があります。

警察は運転の違反の取り締まりに力をいれています。これらの点から、歩行の場合も、レンタカーを借りて観光する場合も慎重になるべきです。

また、犬の放し飼いを多くしているので、徒歩で出歩く際には注意が必要です。女性が肌を過度に露出することを好ましく思いません。

人々は頭部を神聖な部分と考えているので、不用意に触れてはいけません。この地域は度々デング熱が発生することがあります。

蚊に刺されないように予防することは大切です。キリバスは四つの島や諸島から構成されています。観光業はこの国では重要な産業です。国民のほとんどがミクロネシア人です。

言語は英語とキリバス語を使用しています。キリバスの首都はタラワです。この都市に鉄道は無く、人々は交通手段として車やバスを利用します。

この国の人口は約10万人です。キリスト教を信仰しています。日本はこの国に経済的な支援を行っています。輸出は、コブラや観賞用の魚が主のものです。

海藻も輸出をしています。通貨は、オーストラリアドルを使用しています。

この国は、後発開発途上国です。漁業開発の促進をはかっています。この国は、イギリス連邦に加盟している国でもあります

。排他的経済水域を多く持っています。その体積は、世界で三番目に大きいのです。

この国は、世界で一番早く日付が変更する国です。先住民は紀元1世紀ごろにやってきたと考えられています。この国は四年に一度選挙があります。

海面上昇によって、国土の多くが水没の危機にあります。水没が起こった際の移住も検討されています。